オンラインカジノアイ

サイト内検索

文字サイズ

攻略必勝法



ブラックジャックカウンティング法

映画にもなった攻略法!

オンラインカジノでも人気のブラックジャックですが、その攻略法の一つにカードカウンティングというのがあります。米国映画「ラスベガスをぶっつぶせ!」で、実際に起きたカードカウンティング事件をモチーフにして製作され、大ヒットしました。

この事件は、マサチューセッツ工科大学生を中心としたMITブラックジャックチームの天才たちが、この必勝法を使って大金を手に入れた実話を基にされています。

場に出た全てのカードを記憶する必勝法

カードカウンティング法とは、場に出た全てのカードを記憶することで、まだ場に出ていない次のカードを予測して、勝負するやり方です。でも、自分のカードはもちろん、他のプレーヤーの場に配られたカード1枚1枚を暗記するのは至難の業です。そこで、考え出されたのが、カードをいくつかのグループごとに分けて数値化して記憶するのがカードカウンティング法になります。

グループ別にカードを管理

この方法は、カードをグループごとに分けて数値化し、簡単な算数を使って次のカードを予測できる便利なカウンティング法になります。そのグループの分け方は以下のようなものです。
■-1のグループ…10、J、Q、K、Aの5枚のカード
■±0のグループ…7、8、9の3枚のカード
■+1のグループ…2、3、4、5、6の5枚のカード

以上、3つのグループに分けて管理していきます。

【計算結果がマイナスの場合】
計算結果がマイナスの場合、JやKなどの10の役割を持つカードが場に多く出ていることになり、ディーラーが配るシュー(未使用のカードが入っているボックス)の中にあるカードには、10の役割を持つカードが少ないということがいえます。なので、無理な勝負を避けるという策が用いられます。

【計算結果がプラスの場合】
計算結果がプラスの場合、逆にJやKなどの10の役割を持つカードがまだシューの中に多く残っている可能性が高いということになります。しかもその合計が高ければ高いほど、JやKを引く確率が高くなるということです。このシーンでは、ヒットしてBJを狙うという作戦です。

このカードカウンティング法を使えばブラックジャックがより楽しくなるでしょう!





実際のやり方は?

初心者にとってブラックジャックは、そんなに難しくないカードゲームですが、ライブカジノでは、ディーラーとの駆け引きが勝負への分かれ目になります。なので、場に小さな数字(+1のグループ)のカードが多く出ているようであれば、プレーヤーに有利な状況と思われるので、ベット額を上げることも戦略の一つとして考えられます。

逆に大きな数字(-1のグループ)のカードが多く出ているようであれば、ディーラーに有利な状況と判断し、ベット額を下げる戦略を考えます。

オンラインカジノでプレイするメリット

オンラインカジノで行われるブラックジャックは、ラスベガスやシンガポールなどの本場のカジノと違い、その使用が禁止されていません。なので、遠慮無く使える方法なので、思いっきりプレイして、勝率を上げることができるかもしれませんね♪よりブラックジャックが面白くなりそうです!


ブラックジャックをすぐにプレイしたいなら
まずはベラジョンカジノで無料のブラックジャックから始めよう!

①下記のベラジョンカジノはコチラからのClick!ボタンをクリック
②登録をしないでメニューのテーブルゲームからブラックジャックを選択
無料モードでプレイが画面上部中央に表示され無料でプレイできます。
そしてこのページの攻略法を使って実際に試してみましょう。プレイの仕方や攻略法を一通りマスターしたら、登録後入金してキャッシュでチャレンジ!
テーブルゲームにも馴れたら、いよいよライブカジノのブラックジャックできれいなお姉さんと真剣勝負をしてみませんか!

ベラジョンカジノはこちらから→