▲ページTOPへ

HOME > ブラックジャック必勝攻略法

ブラックジャック必勝攻略法

ブラックジャックをプレイする前に!
ブラックジャックは世界中で普及しているポピュラーなトランプカードゲームです。単純で明快なルールということから、カードゲームの中で最も定番で人気のゲームの一つです。

このページではブラックジャックの基本的なルールや遊び方、実践的な攻略法まで、分かりやすく説明しているので、プレイする前にぜひご覧ください。

ライブカジノでブラックジャック

ブラックジャック攻略!

トランプをつかったブラックジャックの簡単な説明をガイド
 矢印 ブラックジャックとは・・・詳細を見る

ブラックジャックの基本的なルールやその遊び方を図解入りで分かりやすく説明
 矢印 基本ルールと遊び方・・・詳細を見る

ブラックジャックで必要な用語を図解入りで分かりやすく説明
 矢印 ブラックジャックの基本用語・・・詳細を見る

ブラックジャックのカードの組合せから分析して、勝てる条件を説明した攻略法を詳しく説明
 矢印 ブラックジャックの攻略法・・・詳細を見る

ブラックジャックに勝利するために、ストラテジー表を踏まえたブラックジャックの戦術法を説明
 矢印 ブラックジャックの戦術法・・・詳細を見る



ブラックジャックとは

ブラックジャックとは、トランプを使ったゲームの一種で、複数のカードの合計が21に近い方(21が一番強い)が勝ちというとてもシンプルなカードゲームです。

カードを配るディーラーと、プレーヤーとが2枚ずつのカードが配られるところからゲームがスタートします。

ブラックジャックの歴史
ブラックジャックの歴史は、16世紀後半、ヨーロッパの各家庭で始められ、それから発展したゲームだと言われています。 ブラックジャックと呼ばれるようになったのは、スペードのA(エース)またはJ(ジャック)が出ると特別ボーナスがもらえるルールがあったことから、黒いスペードのジャック(ブラックジャック)と呼ばれるようになりました。

ブラックジャックの拡大
その後「ブラックジャック」の定義は「スペードのAとJ」からスペード限らず、「Aと10,J,Q,K」に拡大されました。ブラックジャックは、ヨーロッパから生まれましたが、19世紀後半にはアメリカに渡り、楽しむようになりました。1960年代には、ブラックジャック必勝法が考案されたことで、より多くの人に広められ、爆発的な人気のカードゲームとなりました。

世界的にポピュラーなゲーム
ブラックジャックの魅力である単純明快なルールと駆け引きの奥深さから、世界中でも広く人気を集めるゲームに発展しました。 誰もが一度はやったことがある!、知っている!というゲームとして、オンラインカジノでもゲームマシンやライブゲームで多くの人たちが楽しまれています。


基本的なルールと遊び方

カジノで行われるブラックジャックは、プレイヤー同士の勝負ではなく、ディーラー(親、胴元、ハウス)との間で1対1の勝負を行うのが特徴です。

プレイヤーが何人かいる場合は、ディーラーは複数のプレイヤーと同時に勝負をすることになります。各プレイヤーの目標は、21を超えないように手持ちのカードのポイント合計を21に近づけ、その数字がディーラーより21に近づくことで勝利となります。

カードのポイント

ポイント(点数)の数え方
ポイント(点数)は、J(ジャック)、Q(クイーン)、K(キング)の絵札を10点、A(エース)を1点または11点、2~10のカードをそれぞれの数字の点数として数え、カードを追加しながら点数を作っていきます。
10点のカード

1点または11点のカード

それぞれの各数字と同じ点数のカード

【点数計算例】
例えば、最初に2枚のカードが配られ、3とQの場合、13点となります。

さらに3枚めのカードが配られ、Aの場合(このケースは1点で数えます)、合計が14点となります。

21点を超えてしまうとバースト(Bust)となり、賭け金は没収されてしまいます。

A(エース)は、手持ちのカードの合計が21を超えない範囲で11と数え、超える場合は1として数えます。


カードの組合せの呼称

ソフトハンドとハードハンド
なお、Aを11と数えても21を超えない手持ちカードの組み合わせのことを、「ソフトハンド」と呼び、Aを1として数える、またはAを含まない状態を「ハードハンド」と呼びます。
ソフトハンド:Aを1又は11と好きな数にできる状態

Aを1とした場合→ 9 Aを11とした場合→ 19

ハードハンド:Aを1としか数えることのできない状態


表向きと裏向きのカード

フェイスアップとフェイスダウン
各プレイヤーが初めの賭けを終えると、ディーラーはカードを自分自身も含めた参加者全員に2枚ずつ配り、ディーラーの2枚のカードのうちの1枚は表向きにされ、全員見ることができます。 この表向きの状態をフェイスアップと呼び、裏向きの状態をフェイスダウンと呼びます。

この2枚配られた時点で、プレーヤーが21(1枚は10、J、Q、Kのうちのどれかで、もう1枚はAという組み合わせの場合のみ)であれば「ブラックジャック」又は「ナチュラル21」と呼ばれ、ディーラーが21でなかった場合には、掛け金の2.5倍の払い出しを受けることができます。

プレーヤーおよびディーラーもブラックジャックの場合には引き分け(プッシュ、スタンドオフ)となります。
プレイヤーが21ではなくディーラーがブラックジャックの場合にはこの時点で自動的にプレイヤーの負けとなります。


ブラックジャックの基本用語

ベット(BET)
チップを賭けることをいい、テーブルの自分のベットする場所へチップをおきます。

ディール(DEAL)
ディーラーがカードを配ることをいいます。

ヒット(HITL)
さらにカードをもらうことをいい、「ヒット」のボタンをクリックすることでカードがもう1枚配られます。

ダブルダウン(DOUBLE DOWN)
次のカードを引いて勝てると確信した場合に、カードをあと1枚しか引かないことを宣言して賭け金を倍(通常2倍)にして、カードを引くことをいいます。
例えば以下のように4と7のカードが来たとします。 他のカードでどれくらい絵札(10)が出ているか?などを見てからの判断も必要となりますが、最初に配られたカードの合計が11であれば、次にどんなカードを引いてもバースト(22以上)になることはありません。
また、絵札や10が出る確率も高く、このようなケースでは「ダブル」を宣言し、倍の賭け金を払って、2倍の利益を取りに行くことが出来ます

インシュアランス(INSURANCE)
ディーラーの表向きに配られたカードがエースのとき、最初に賭けたチップの半額を追加することにより、インシュランス(保険)をかけることができます。 ディーラーが「ブラックジャック」だと思うときには、インシュランスをかけます。
インシュランスをかけていれば、ディーラーが「ブラックジャック」であった場合、保険金が2対1で支払われます。ディーラーが「ブラックジャック」でないときは、保険金のみ没収されます。ディーラーにエースが出るたびに賭けるかどうか聞かれます。

ブラックジャック(BLACK JACK)
ゲームの名称でもある「ブラックジャック」は、厳密に言うと、最初の2枚のカードで21点を獲得した場合を指します。別名「ナチュラル21」とも呼ばれます。

バースト(BURST)
カード合計の数字が21を超えることをいいます。この場合、ディーラーのカードがいかなる場合でもプレーヤーは負けとなります。

プッシュ(PUSH)
プレーヤーとディーラーのハンドが引き分けになることをいいます。

ブラックジャックの基本用語はこれだけです。とってもルールはかんたんなので、あとはいかに頭を使って判断するかで勝利の女神が微笑んでくれます。ぜひプレイされてみませんか!


ブラックジャックの攻略法

ブラックジャックを攻略するには、「ベーシックストラテジー」という戦術を使ってプレイするのがおすすめです。

ベーシックストラテジーとは
ベーシックストラテジーとは自分の手持ちのカードと、ディーラーのカードの組み合わせを分析して、勝てる条件を確率的に説明したものです。簡単に言えばカンニングペーパー!?みたいなものでオンラインカジノでは大変役に立つ攻略法です。

ブラックジャックは21に近い方が勝ちます。ディーラーは最初にプレーヤーに2枚のカードを配り、ディーラーには1枚のカードが配られ、それはプレーヤーにもオープンされます。
ベーシックストラテジーでは基本的に見えてないカードは10であると考えます。
ブラックジャックのルールでプレーヤーはHit(もう一枚ひく)かStand(もうひかない)は裁量にまかされていますが、ディーラーは17以上だと絶対にStandします。逆に16以下は必ずHitします。

そこで、最初に配られた2枚のカードとディーラーのオープンされたカードを比較して、HitかStandかを決める方法がベーシックストラテジーです。

例えばディーラーのオープンされているカードが6だとすると、ディーラーは21以上になって、バーストする確率が高いのでプレーヤーは12でもStandします。反対にディーラーのカードが1とか10とかのいいカードだと、20とか21のいい数字になる確率が高いのでプレーヤーは16でもHitします。
ディーラーのオープンしたカード
6のカード
バーストする確率が高い → Stand

ディーラーのオープンしたカード
1とか10とかのカード
良い数字になる確率が高い → Hit

このように、ブラックジャックには勝つ可能性が高い攻略法というのが存在するので、ベーシックストラテジーを利用しない手はありませんね。ぜひ参考にして勝負しましょう。


ベーシックストラテジーのチャート表

チャート表はプレーヤーの持ちカードによって変わってきます。

ハートハンドの場合
ハードハンドとはエースを含まないかエースを1と数える場合をいいます。

ソフトハンドの場合
ソフトハンドとは、エースを11として数える手をいいます

手持ちカードがペアの場合
あなたのカードがペアの場合は、スプリット(チップを追加して2つの手に分ける)をするケースが多くなります。

この表は印刷しておいて、まずは、見ながらプレイすることをおすすめします。
※これが本場のカジノと違い、オンラインカジノのいいところですね!
あとは実際にプレイすることで、自然とどのカードの時に攻めるべきか?どのカードの時は降りるべきか?などが分かってくるようになります。


ブラックジャックの戦術法

このストラテジー表を踏まえたブラックジャックの戦術法もご紹介したいと思います。

ブラックジャックは勝てるカードゲーム

ブラックジャックは、他のカジノゲームのように自動的にハウスエッジ(税金などで、ある一定の条件を満たすことで本来の勘定に入れなくてよい値)が天引きされることはありません。通常勝ちの配当は1対1だし、ブラックジャックが出て勝てば2対3の配当となります。
ディーラーのブラックジャック勝ちが1対1で取られるのに比べれば、これはゼッタイ有利ですよね!
では、ディーラーに有利なルールは何か。ブラックジャックというゲームにおいては、プレイヤー側にのみさまざまな特権が与えられています。

【プレーヤー側に与えられた特権】

ヒットするかスタンドするかの判断は自分で好きなように決められる

ブラックジャックが完成した際の払戻金は5割増し

ダブルダウンの権利

スプリットの権利

サレンダーの権利

ベットする額を自分で決められる

ゲームをやめるタイミングの自由
プレイすると解るのですが、その時の状況に合わせ、“勝ち逃げができる”ということです。「100ドル以上賭けなければならない」とか「20ゲーム以上プレイしなければならない」などといったルールはありません。自分の都合で勝っているときにやめることができるのも大きなメリットですね。

これらがプレイヤー側に与えられた重要な特権と言えるでしょう。


プレーヤー側に不利なルールとは?

実は、たったひとつだけプレーヤー側に不利となるルールが存在します。
それはプレーヤー側がバースト(持ちカードの数字が21以上)になると完全な負けとなってしまうことです。たとえディーラーが同じくバーストしても引き分けにならないのです。これはブラックジャックをする上で重要なことなのでしっかりと認識しておく必要があります。


ディーラー側をバーストさせる!

ブラックジャックの勝ちパターンは自分がブラックジャックを狙い、競り勝つことだけではないのです。
バーストしたら自分が負けになるのと同様、ディーラーをバーストさせれば勝ち、というほうが実は重要なポイントになります。

例えば、ディーラーのアップカードが6、自分のカードが最低点の12、なのでここはヒットしますが、引いた数が10となり、セオリー通りに3枚目を引いたつもりが、バーストしてしまう可能性もあります。
もしそれを引かずにスタンドしていれば「ディーラーがバーストしていたのに...。」というケースにこれから何度となくぶつかるに違いありません。ディーラーは16以下の数字の場合は、必ずもう一枚引かなければならないようになっています。

ホールカードが10、引いた1枚が6以上でバーストなんてケースは高い確率で起こり得るのです。この場合の定石は、当然なスタンドなのです。
ディーラーのルールでは計算上約30%弱の確率でバーストする計算です。
つまり、3、4回に1回は、ディーラーのバーストが期待できるのです。


16以下の場合はディーラーのアップカードによる

カードの合計が11以下のときは、次に何を引いてもバーストしないので考える事はありませんが、12から16の場合はどう判断すれば良いのでしょうか?

すでに説明してきたように、決められたルールに則りプレイしているディーラーの手には「17」、「18」、「19」、「20」、「21」または「22以上」のいずれかしかあり得ないことが考えられます。

このことから、プレーヤーにとっては「12」も「16」も同じ強さの手であるということに気付かなければなりません。
なぜなら、ディーラーの最終的な手に「14」とか「15」とかいう手が存在しない限り、プレーヤーは「12」でも「16」でも、ディーラーがバースト(22以上)してくれない限り勝てる可能性がないからです。


マルチハンドでプレイして勝率を高める

マルチハンドとは、同時に複数のハンドを作れる状態です。シングルハンドの場合、プレイヤーが作れる手は1つだけで、その手を使ってディーラーのカードと勝負を行います。

それに対し、同時に複数の手を作れる状態にあることを「マルチハンド」といいます。複数のハンドを作り、各カードの組み合わせでディーラーのカードと勝負を行います。

このマルチハンドは、2ハンドでも3ハンドでも行うことが出来ます。もちろん、シングルハンドでプレイを行うことも可能です。

ブラックジャックで確実に稼ぐ
ブラックジャックはオンラインカジノのゲームの中でも最もペイアウト率(還元率)が高いゲームの1つですが、ジャックポットなどのように一度の勝ちで“高額賞金”を稼げるようなことはありません。

しかし、ストラテジーのチャート表に従いながらゲームを進めていくことで地味ながらも、コツコツと勝ちを積み重ねていくことができます。また、複数ハンドでプレイすることで、勝った時に獲得出来る金額の幅を拡げることも可能となります。

まずは無料ゲームでやり方に馴れる
いきなりライブカジノで遊ぶのもいいのでしょうが、ここはちょっと遠回りして、マシンの無料プレイでブラックジャックを楽しみ、ルールややり方を覚えていき、ライブカジノにチャレンジするのもよいでしょう。


ブラックジャックをすぐにプレイしたいなら
まずはベラジョンカジノで無料のブラックジャックから始めよう!

①下記のベラジョンカジノはコチラからのClick!ボタンをクリック
②登録をしないでメニューのテーブルゲームからブラックジャックを選択
無料モードでプレイが画面上部中央に表示され無料でプレイできます。
そしてこのページの攻略法を使って実際に試してみましょう。プレイの仕方や攻略法を一通りマスターしたら、登録後入金してキャッシュでチャレンジ!
テーブルゲームにも馴れたら、いよいよライブカジノのブラックジャックできれいなお姉さんと真剣勝負をしてみませんか!
ベラジョンカジノはこちらから→ 

 

人気オンラインカジノ

vera&john ベラジョンカジノ
スマホが使えるベラジョンカジノ!
スマートフォン、ipadでも本格的なオンラインカジノが無料でも楽しめる。人気のポーカー、ブラックジャックなど、お金を賭けて本格的なオンラインカジノを楽しめて賞金ゲット!世界で最も面白いオンラインカジノ!
オススメ度★★★★★
スマホ対応★★★★★
クレジットカード対応★★★★★


カジ旅
カジ旅はRPG型ゲームとカジノが融合した全く新しいオンラインカジノゲーム!
TVゲームやスマホゲームと同じ感覚で遊べ、ゲームをしながら、賞金が狙える!
スマホやタブレットでのプレイもOK!
オススメ度★★★★★
スマホ対応★★★★★
クレジットカード対応★★★★★


ウィリアムヒルカジノ
1934年ロンドンで創業したイギリス政府公認の老舗です。魅力はなんといっても入金ボーナス条件がクリアしやすいこと。ブックメーカーも運営しているオンラインカジノで日本人プレーヤーが急増している人気サイト。待望のスマホ日本語対応でさらに楽しく!
オススメ度★★★★★
スマホ対応★★★★★
クレジットカード対応★★★★

 



ページトップに戻る